広報風街

アクセスカウンタ

zoom RSS テンション上がらず

<<   作成日時 : 2006/11/03 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

スロースタートとなってしまった

家から車で30分の登山口。「はいでがわだむ」

お〜 いっぺ 車 停まってますな〜。10数台ってとこか。
すたすたすた(どっかのとうちゃん近づいてきて
「熊、だいじょうぶ だろっかね?」「(車を指差し)これだけ大勢の人が入っていれば、大丈夫じゃないでしょうかねぇ」
そんなコミュニケートの後歩きはじめる。時計はすでに8時半<遅!

ダムサイトの色づき加減はというと、これから?すでに盛りは過ぎている?
よくわかりません。

画像
      これは駐車場の手前の橋から

このコースは前半ほぼへつりっぱなし。ダム湖の淵を忠実に進みます。湖面を見下ろすとかなり高度を上げてきたのがわかります。しかし金ヶ谷を渡らなければならない為また下りとなります。金ヶ谷はびびりながらも水量が少なく無事対岸へ。ここからはかなり強引に高度を上げ駒の神へ。
登山道は尾根通しとなりますが、右下へ続く道には「丸子方面」の看板。今回はここを進んでみることにしました。
薮はまったく気になりません。ただ足場は悪くへつりのグレードがそれまでよりもやや厳しくなったなと思わせます。周りの色づき具合はというと、それまでよりもくすんでいるといった印象。しかしながら、もう少し進めばはっと思わせるようなシーンが待っているのでは。そんな期待と、いつ引き返そうかと思う気持ちのせめぎ合い。結局40分ほど行った所で、期待したような景観との出会いも無くUターン。(道はまだ続いていました。)

画像
        中杉川が早出川へ出会う

画像
        木漏れ日の下を気持ちよく歩く
再び、駒の神へ戻って弁当を半分食べ、本来の登山道を登りはじめます。この標高差200mが急登ではないんだけれど、なぜかつらくやっとの思いで平坦な所(標高約500m付近)へ来てほっと一息。フラットな道を進んで行くと、いつしかブナ林へと導かれ、黄葉が青空に映えてきれいでした。
画像


鉱山跡のトコヤでは多くの登山者が休憩中。以降もブナ林が続きますが先ほどの所と比較してこちらは葉が散ってしまってました。704mの鞍部からガンガへの250mの急登がこのコースの核心部とも言える所。この頃には時間的にも肉体的にもさらに精神的にも山頂はやめておいたほうがいいなと思いながらの登りでした。休み休みなんとかガンガに立ちました。西に傾いた太陽と逆光の川内の山々を見ながら残りの弁当を食べます。
ガンガから1時間半強で金ヶ谷。ダム湖のへつり道を歩く頃には太陽は山に隠れてしまい写真は撮れません。
画像
        ブナの切り付け「古道巡礼」の口絵にも同じ写真が載ってます
最後、チップの敷かれたふわふわの道を歩き、かろうじて暗くなる前に駐車場へ到着。<歩いた距離17.7km>
             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おお衣岩!そして日本平。湖畔のへつり、いがったろね〜。
KYAZU
2006/11/03 21:47
いつも助っ人に登場してくれる本間さん達の
スピードチーム、今日は日本平です。
私もいきたかったけど、来年の楽しみにしました。今日は、職場の仲間と鏡山です。
全員はじめてなので、みんなで楽しみにしています。大日岳に会いに行ってきま〜す(^−^)V
いっちゃん
2006/11/04 04:20
>KYAZUさんチームは牟礼山でしたね。下りのコースがkYAZUさん流です。うちらは今日、そこらを散策してきました。
>いっちゃん、本間さん達は4日ですか?なんか似たような人だなぁと思う人にすれ違いました。(3日)
鏡山、なじでしたか。大日岳が少しでも白いとかっこよさが数段アップするんですよ。次回、初夏の鏡山からの景観もお試し有れ。
おごにゃ
2006/11/04 18:14
気になっていました。ほうほう、今年は、まだこんな色つきですか・・・。冷え込みが欲しい所ですね〜。奥三面はそれなりに綺麗でしたよ〜。
テントミータカ
2006/11/06 18:42
そうなんすよ。だって、朝寒くないですもん。胎内渓谷、実川渓谷と散策しましたが、負けました。三面渓谷に!でも、平四郎沢の橋、おれは渡れなさそうだな。
おごにゃ
2006/11/06 22:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
テンション上がらず 広報風街/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる